就労移行支援

一人ひとりの興味や長所、希望に基づき、それぞれのペースで仕事探しを開始します。
興味のある職場へスタッフと一緒に見学や実習に行き、その現場でご本人の強みを更に発見したり必要なことを支援していきます。
スタッフと一緒に体験することで「安心して」自分にあった職場や働き方をみつけることができます。
また医療機関、相談支援事業所などの関係機関や企業の担当者ともしっかり連携をとり、リカバリーの道を職種を越えてチームで伴走できるように取り組んでいます。

Best Life の4つの特長

1.自分のペースで、自分に合った順番で

すぐに仕事につきたい方、就労経験がない方、練習で自信をつけてから企業に行きたい方など、人によってニーズは様々。
個別就労支援なので自分にあったペースで進めることができます。利用期間は最長2年です。

2.豊富なプログラムを1対1でも選択OK

自分に必要なプログラムを、必要な時に、事業所内で受講可能です。
人気のプログラムは、職場でのコミュニケーションスキル(JST)やパソコン、ビジネスマナー、ストレスコントロールなど。

3.支援のある環境で職場見学・実習ができる

自分の興味がある職場に、スタッフと一緒に見学や実習に行くことができます。
希望の仕事と環境が一致しているかどうか、就職する前にスタッフと一緒に試すことができ、安心です。

4.病院やクリニックなど医療機関とチーム連携

病院受診時にスタッフが同行したり、退院準備時やデイケア利用時にスタッフが病院へご説明に伺うこともできます。
1週間のうちデイケアを週3日、就労移行を週2日など、併用利用も可能です。

求職活動の進め方

主体的に就職活動を進めることが出来るように、必要に合わせて支援するよう心がけています。

​1.自己理解

施設内・施設外訓練を通して得た自身の強みや特性、職場で配慮してほしいことなどを理解します。

2.求人検索

職場の環境、企業規模、人数、職種、業界、条件、家からの距離、交通手段、収入面などを自分に必要な条件を絞り、ハローワークやインターネット求人、フリーペーパーなどから自分にあった求人を探してきます。

3.企業研究

探してきた求人についてホームページや業界情報誌などを用いて職種研究、業界研究を行い、志望動機や自己PRなどを考えることを目的としています。

4.職場見学

求人を出している企業へ訪問し職場の環境や仕事内容を自身の目でみて肌で感じることで自身の働いている時のイメージを持つことを目的としています。

5.書類作成

履歴書・職務経歴書・自分説明書を作成します。自分にできることと会社に配慮してほしいことを明確に伝えることを目的としています。まずは自身で作成していただき、職員が添削をいたします。

6.応募

応募書類を送付します。

7.面接練習

職員が面接官の役を演じ、本番さながらに面接の練習をします。緊張した時や思いがけない質問があったときの対処や自分の思いを明確に伝える練習をします。

8.面接

必要に応じて利用者さんと採用者の間に入り、双方のニーズの調整・フォローをいたします。

9.職場実習

自身のペースに合わせて段階的に日数や時間数、仕事内容を増やし、継続的に働けるような自信をつけます。定期的に振り返る場面をつくり課題があれば適宜解決に向けて進めていきます。

10.就職

実習を経て、晴れて就職です!