検索
  • gritjapan

働けるかなぁ……

療養期間が長く、しばらく仕事をやっていなかったりすると、

働くのってけっこうハードルが高いですよね。

僕の場合は、うつ病と強迫性障害(確認強迫)が強く出て、

以前の職場を退職しなければならなくなったので、

挫折感の中、半年以上自宅療養しておりました。

とんでもない量の汗が出るし、心拍数が常に高い(100以上)ので、

仕事どころか、普通に存在しているだけでもしんどかったです。

みんなは普通にできるのに、なぜ僕にはできないのか、という思いに

打ちのめされて凹んでいた時期がありました。


組織に入らなくたって、個人事業主として、一人で働くという

選択肢もありますよね。

うつ病だと、人と関わるのもすごく面倒(というかしんどい)なので、

自分だけでできるというのは魅力的です。

ただ、自分だけでできる分、なんでもかんでも全部自分でやらなければなりません。

気分が落ちて気力がない中、これはやはり難しかったです。


組織に入ると、人に管理されるから苦手、という方もいらっしゃると思います。

僕が見学して、体験した限りでは、管理される就労継続支援事業所もありました。

学校の教室のように机が並び、支援員さんに見守られながら、

会話せず黙々と作業するという感じです。

決まった時間、自由がきかず固定されるというのは僕は苦手でした。

日本の学校の授業みたいなスタイルですね。


ベストライフは、交流しようと思えばいくらでもできますし、

一人でやりたい場合はそれでも良いというのが魅力です。

ちなみに、交流したくないのは、障害が原因になっている場合があります。

本来の性格は社交的で、上手にコミュニケーションできるけれど、

障害による脳内物質のバランスで、塞ぎ込んでいるから関わりたくないと

感じてしまうのです。

働いている中で、体調が良くなり、社交的なことが楽しくなってきた場合でも

ベストライフにはそれを受け入れてくれる間口の広さがあります。

無理はさせないし、できるようになってきたら活動できる場所です。


一人でやっているからといって、仲間外れにはしません。

みんなちゃんと、あなたがいることをわかっていますし、見守っています。

挨拶が苦手なら、しなくて大丈夫です。

ベストライフに来ることで、あなたの中に何か幸せが生まれるのであれば、

それで十分だと思います。


いつもありがとうございます。(関)




閲覧数:107回0件のコメント

最新記事

すべて表示