検索
  • gritjapan

就労継続支援A型

 こんにちは。利用者の関です。今、窓の外は雨が降っていて、エアコンより冷たい空気が室内に入ってきています。ゴールデンウィークは雨のスタートになりましたね。最近は以前よりこまめに天気予報を見るようになりました。傘だけではなくて、レインブーツも用意して仕事に来るんです。足元が濡れないと、雨の日も嫌な思いをしなくて済みます。


 このブログを見てくださっているということは、就労継続支援A型を知っている方が多いと思うのですが、僕は仕事を探しているときは就労継続支援A型はどういうものなのか、よく理解できていませんでした。


 かなり前に、仕事内容(小説ライターの募集)に興味を持ち、ベストライフではない、他の事業所に電話で問い合わせてみたことがあります。その時は、「うーん、、、まあ来てみればわかりますよ」と曖昧に言われ、行ってみたら、ここはあなたが通うようなところではありませんよ、というニュアンスでやんわりと断られたことがあります。今思うと、そこも就労継続支援A型の施設でした。

 

 障がい者や難病を持つ人たちが通所して、支援員さんが見守っていてくださる空間で、それぞれが作業をする。作業から得られる収益から毎月のお給料をいただき、生活する。行政の方からも支援があり、事業所を運営していく。


 ベストライフは設立から1年ほどの新しい事業所ということもあり、みんなで作り上げていく空気があります。スタッフさんが仲良くて、柔軟に連携してくださっているので、雰囲気が柔らかいです。監視されている中、黙々と作業だけをしていくというタイプの事業所ではありません。希望される方には、勤務時間も増やせる場合があります。基本的には1日4時間なので、それだけで生活するというのは厳しいと思います。僕は障害年金をいただいており、その年金とお給料で毎月の生活をまかなっています。障害の状況によって年金が打ち切りになる可能性はあるので(喜ばしいことではあるのですが)、そうなると何か副業を考えないといけないなと日頃から考えています。実家ではなく、妻と子供を抱えた世帯なので、お金の工面は見通しをしっかり持っていないとだめです。


 ベストライフは、明日4月30日から5月5日まで休業となります。5月6日からまた業務が再開する予定ですので、ぜひ、見学に来てくださいね。(関)



 

 

閲覧数:275回0件のコメント

最新記事

すべて表示