検索
  • gritjapan

自分のペースで歩こう

 自分のペースを保って歩くのは大事です、、、と言いながら、3歳の息子と歩いている時に自分のペースになってしまって、彼がついてこられないことが時々あります。ごめんね。身長差があって一歩の距離が短いんだから当然ですよね。反省しながら彼のペースに合わせて歩いていると、いつもの道で普段は見逃していたものに気づくことがあります。車の下に子猫が隠れていたり、アリが今日の収穫物を運んでいたり、どこについていたのか全然わからない小さなネジが落ちていたり。息子のスピード感と高さから見ると、世界はこんなに違って見えるんだ、と思いました。

 ふと、旅行のことも思い出したのですが、20年くらい前にスペインのバルセロナという都市に行ったことがあります。ツアーに申し込んで名所を効率よく回るのが楽しいかなと思ったのですが、何かの気まぐれで、僕はツアーではなく、1人で好きに歩き回ってみることにしました。何を言おうとしているか、なんとなくわかった方もいると思いますが、そうな

んです、それはとても楽しかったんです。そこらへんにあるオブジェを眺めてみたり、新聞や雑誌、お菓子が売っている屋台で、どんなものが売っているのか見てみたり。街のデザインが本当におしゃれで、時間を忘れて散歩してしまいました。のんびりしすぎて、名所であるサグラダファミリアに着いた時は夜になっていて、結局中に入ることは叶わなかったです。しかし、何やら怪しそうなおじさん(ごめんなさい)が話しかけてきて、こっちを見ていくといいというので行ってみると、そこはサグラダファミリアをつくったガウディさんのお墓でした。彼と1対1で向き合って、「いやあ、すごいものを作りましたねえ」などと心の中で会話してから、そこを後にしてホテルに戻りました。名所と言われるところは全然見られなかったですが、そんなことはまるで気にならないくらい、楽しい旅行になりました。全部自分のペースだったからです。


 情報に溢れてスピード感のある現代についていくのは大変ですが、それは世の中や、誰かのペースに合わせているからです。そうやってタフに生きるのが楽しい人もたくさんいると思いますが、自分の好きなもの、大切なものがわかっているのであれば、誰かの評価に一喜一憂することなく、自分のペースで生きてみるのもまた、1つの良い生き方なのではないでしょうか。心の中での出来事や内面の成長は評価されづらいですが、あなたが楽しさや幸せを感じているなら、それは十分な価値があると思います。(関)



 

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示